当サイトは現在リニューアル中です。
下記に電子タバコ等が紹介されておりましても、紹介先のページが存在しなかったり、販売終了の場合がありますのでご了承をお願いいたします。

Top > トピックス > 京都市のタクシー会社が電子タバコ装備?!

京都市のタクシー会社が電子タバコ装備?!

3月23日の朝日新聞の記事に目が留まりました。

青鉛筆といういつもなかなか気になる情報を紹介しているコーナーなんですが、そこに目が留まりました。

なんでも京都市の、あるタクシー会社(会社名は伏せておきます)が、愛煙家の乗客向けに「電子タバコ」を全車両に1本づつ装備したということです。

ここで気になったのが、『ニコチン液と電池を内蔵した「電子タバコ」』という一文でした。

なんでニコチン入りの電子タバコなんだろう?いま国内で販売されている多くはニコチンを含まないものなのに...。

するとそこに『米国製で...』...、なるほど、わざわざそっちのにしたんですね。

愛煙家向けのサービスだから、ニコチンが入った方にしたんでしょうか?副流煙の心配はないそうですが、どうせならニコチンを含まない電子タバコ(当サイトで紹介している電子タバコ)で良いと思うんですがね。

まぁ、ニコチンを含まない電子タバコに移行していくと思いますが...。

しかし、誰が吸ったかわからない電子タバコをタクシーの乗客が使うんだろうか?

カートリッジや噴霧器など毎回交換しないといけないと思うんですが、どうなんでしょうね?